自己流の節約方法について

お金は非常に大切なものですが急に収入が増えるということは現実的ではありません。

なので日々の生活の中で節約していくことが大切なことだと思います。今回は私なりの節約方法について書いてみたいと思います。

まずは基本的なこととして電気代と水道代を節約を考えるといいと思います。

電気の付けっぱなしや水の出しっぱなしはやめる。また数日に1回だけでもシャワーだけの日を作るとか頭や体を洗っている時はシャワーを止めるように徹底するとそれなりの節約になります。

そういった基本的なことに加えて私は自己流の節約法を実践しています。

その方法とはまずお金が入った段階で生活費を引きます。その上で残金から今月はこれだけ使っていいと決め残りは急な出費などがあった場合のみ使えるものとして使わなかったら貯金すると決めます。

はじめから自由なお金はこれしかないと決めておくとその範囲でやりくりせざるを得ないので節約しやすいです。

さらに買い物の際には事前にチラシを見て何を買うか決め必要最低限のお金しか持たないようにします。そうすることで無駄遣いを抑制することができます。

電気や水道などの基本的な節約に加えて上記の自分なりの節約法を実践することでだいぶ生活費を節約することに成功しています。プロミス 審査 在籍確認

細かく面倒でもコツコツと努力が大事。

私は買い物をしたら、食費、日用品、レジャーなどに振り分けてノートに書き写します。

そうすると何にいくら使っているか一目瞭然で、無駄遣いも見つけることができます。

私はこの方法でお菓子やお酒の金額が毎月多いことに気付き、お菓子の買う量を減らしてみよう、お酒を飲む回数を減らしてみよう、という改善点を見つけることができました。

そしていろんなお店の値段を把握しておくことが大事です。

お肉が安いところ、野菜が安いところ、日用品が安いところやポイントが倍になる日など細かくて面倒ですが、節約するにあたってとても必要なことだと思います。

食費、日用品以外で欲しい物がある時は、お店の値段とネットの値段を調べるようにしています。

ネットの方が安いことも多いですし、ポイントも付く場合もあるので一石二鳥でオススメです。

しかし、ネットは安いですが送料が無駄に高いこともあるのと、画像や口コミのみでの購入なので注意が必要です。

金欠な時は出かけないのが1番ですが、普段から出かける時も節約を心がけることが大切だと思います。

出かけ先のクーポンは必ずチェックしますし、メールやアプリなどでお得情報のお知らせも見逃さないようすることです。

ジュース飲み放題、カラオケ2時間無料、牛丼1杯無料、デザート1品サービス、誕生日月無料など、調べるとかなりのお得情報が出てくることもあります。借金 一本化 おすすめ

我が家が行っている節約生活。家計のやりくり法。

我が家の節約生活法をお教えします。まず、1ヶ月のお給料から、貯金分(先にキープし必ず決めた額は貯金します)家賃代、年金代、食費、通信費(格安SIMなど使用し通常の携帯料金の半額以下におさえます)ガソリン代、電気、ガス(都市ガス)、水道代、日用品、おこずかい(微々たる金額)保険代をそれぞれの集金袋にわけます。この袋に入った金額しか使えないように上限を決めます。そして全ての支払いはクレジットカードでできるように勤めます。クレジットカードで使用した金額は別の支払い用の袋に入れて、月締めの時に1回で支払います。このシステムをとっていれば、気づいたらお金がそこ尽きていた、なんて事にはなりません。はじめから決まった金額しか設定されていない為、それ以下で使う事を余儀なくされ、少しでも余りが出てきます。それは、次の月の我が家の娯楽で使ったり、万一の医療費の為にとっておきます。そして、クレジットカードで貯まったポイントは、日用品を買ったり、年に何回でもない小旅行のホテル代にあてたりしています。1年に2回くらいは大人2人で安いホテル(朝食バイキング付)をポイントだけで利用できたりします。他にも食費は、月に1回、安い肉(国産)を買いに行き、1か月分として小分けに冷凍保存しておきます。その際、ガソリンも安い場所で満タンにしておきます。外出する際は、必ず水筒を持っていき飲み物代をうかせ、遠くに遊びに行くときはお弁当を持っていきます。洗濯は2日に1回(大人2人で間に合う)にし、洗いは残り湯を使っていますが全く、仕上がりは臭いもしないし通常の水道水を使うのと何ら変わりはありません。即日キャッシング

我が家は食費節約頑張っています

我が家の生活費の大半を占めるのは何と言っても食費。特に酒、お菓子が食材よりも高くついていることが家計簿から分かります。酒は主に主人が毎日の晩酌に飲むのですが、頑固な性格の彼はこれだけはやめられないし、減らせないとのこと。子供も2人おり、お菓子の消費も半端ない。どちらも減らしてもらえないとのことでもう手段は普段のおかずを工夫するしかない。まず1番始めに思いついたのは、今までは週末に1週間分の買い物をして、週末までに食材が足りなくなったら買い足して行くと言うシステムでした。1週間分の買い物は8000円ほど。買い足し分は5000円ほどでトータル13000円。1週間分まとめて買うと、最初はたくさんあるのでついつい食べ飲みし過ぎてしまうことが分かりました。そこで2日に一度買い物に行く事に決めました。1度の買い物は3000円ほど。これで1週間3000円ほどの節約に成功しました。これまでスーパーに行く時に買いたい物をリスト化してメモを持って行き、食材を買っていたのですが、2日に一度買い物に行く事によりどのスーパーも同じだと思いますが、毎日特売の食材が変わっている事が分かりました。私は本日の特番商品をカゴに入れてからメニューを組むシステムに変えました。そして期限間近の半額商品などを組み合わせればとても安く抑えられ、毎回買い物が楽しみです。消費者金融 審査

今の日本、景気が良いって、ホント?!

安部政権発足後、景気が上向いたと言われているようですが、地方都市に住む私たちにとっては、全くといってよいほど、実感はありません。

給料、ボーナスはアップ、デパートも売り上げ好調、などといった、都市部での全国放送のニュースでは目にしても、何だかよその事を国の話のように聞こえてなりません。

というのも、給料やボーナスが上がったという話は聞いたことがなく、実際に耳にするのは、社会保険料や所得税など引かれるものばかりが増えていく、という話です。

加えて、円安による食品の高騰など、家計を圧迫するばかりです。

TTP の関税の撤廃や減少により、食品によっては値下がりするもののもある、とは言うものの、キャスターの「値下がりの可能性もある」といった、曖昧な表現も、耳障りで、はっきり下がると、何故言えないのかと逆に、イライラします。

なのて、消費者に還元されることは、期待できないんだろうな、と思ってしまいます。

2017年から始まる消費税10%も、引き上げる際の負担緩和策などは、あいまいで、政府にとって都合のよい法案に限って、国民の感情などお構い無しに通るの最近の傾向に、資本主義の先進国の代表と思えない気持ちも感じてしまいます。プロミス 審査基準