中国観光客の減少に宿泊業界が大誤算

2年前の中国の長い休日である春節には多くの中国人観光客が押し寄せました。爆買いを初め主だった観光地の宿泊施設はてんてこ舞いになりました。ところが2017年の春節は様子が違うようです。中国人観光客が大幅に減少しているというのです。昨年や一昨年がツアー客が多かったのに対し、本年はツアーではない観光客が多いといいます。また減ってゆくツアー客に航空便が減ったのも要因だと思います。この春節を当て込んでいた宿泊業界が大誤算で大慌てです。

この現象を見るとネット社会の特徴が現れていると思います。情報伝達が早く、特定の場所が突然大人気になり、他の情報が流れると突然人気が翳ります。つまり昔のように一度来たら必ずリピートが来てくれるといった日本的な感覚が通用しなくなっています。これは決して中国だけでなく日本国内でもそうです。ネットで話題の飲食店はあっという間に大行列になりますが、一旦冷めるとお客は来なくなります。降って湧いたような大盛況に今後のことを考えて設備投資をしたら誰も来なくなったという例は沢山あります。

今のネット社会に迅速に対応することが大事です。人気は短くあっという間に終わります。それを見越した対応が必要です。即日キャッシング注意点
海外観光客誘致に取り組んでいる自治体は多いですが、その観光客に対して、事を構えずに現状のありのままの姿で対応してゆくことが将来に繋がると思います。

私の生活苦の乗り越え方

 さて、今年も年末が近づき、寒さに家を出るのが憂鬱になっている方も多いのではないかと思います。私もそのうちの一人なのですが、私の場合の、金銭的な生活苦の乗り越え方について、紹介します。私の場合は、お金が無い時、読書の時間を増やしています。そして、お金が無いことで、何が自分にとって不安材料なのかを読書を通じて、認識しています。
 お金が無いことから、不安に思うことは人によって、様々ですが、例えば、自分の健康、家族の健康、自分の老後、自宅の家のローンもしくは自分が所有する車のローンが挙げられます。それを認識できたら、そのお金が無いことからくる、同じような不安を克服した方の意見を、参考にし、実践します。私の場合は、単純に、生活が苦しい為、なんとか貯金できるようにしたかったので、図書館を利用して、図書を通じて、そのような方の意見を参考に、以下の、節約、生活費の見直しを実践しています。
 まず、美容室の代金を減らしました。例えば、男性であれば、1000円カットを利用したり、もしくは、家の同居人に切ってもったり、もしくは、自分で鏡を見ながら切れば良いと思います。世の中、身だしなみについて、男性に、とやかく言う方はいないので、私は、1000円カットを利用しています。
 次に、コーヒー代を節約しています。缶コーヒーなら、1本120円くらいでかかってしまいますが、上手にスーパーや、薬局を利用します。例えば、業務スーパーへ行けば、1本、30円程度で缶コーヒーを、買うことができます。また、HACドラッグや、ツルハドラッグ等でも、安価にコーヒーを購入することができます。
 最後に、整理整頓や、清掃を心掛けています。例えば、小さくなった鉛筆等のモノを長く使うようにしています。また、家具が壊れたら、できる限り、自分で直すようにしています。また、自分の部屋を週に1度は、掃除をして、整理するようにします。そうすることで、リサイクルで利用できるものが見つかったり、ごみが減ったりと、良いお金の循環を作ることができるので、整理整頓をすることは、非常に、お勧めです。みずほ銀行カードローン 審査