最近、ニュースで多く取り上げられている男女雇用機会均等法、男女参画型について

これから話することは、女性をせめる話ではありません。私は女性であり、経験を含めた上で女性として感じたことをお話致します?

最近は女性も男性と同じ仕事内容や仕事量、知能をこなしている方々が増えている。そんな中、女性の給料は一向に平等にならない。そんな社会はもう一度、差別を見直すべきだと言われ始めた。
確かにその通りである。しかし、私が思うのは女性自身が自ら女性を見直すべきでもあると思います。差別だと一向に強く言い張り、女性限定物を作れば男性も良い気がしません。また、女性は女性自身(自分自身や女性友達)を自ら傷つけて差別を大きくしている。
「女性は化粧をすべき」「女性らしく」と自分や同じ女性にそのような言葉を発している方が多いです。
これでは、
女性が嫌う男女差別を同じく差別していると言ってもおかしくありません。何故ならば今は化粧をする、化粧をしたい男性も増えているからです。
また、女性らしく生きていきたくない。と考える女性もいます。
このような方々の意見を無視することによって
個人の考えを差別してしまうことになるでしょう。

従って、このような考え方で周りと関わるとこれから生きていく人間が差別を学び永遠に差別は無くならないでしょう。

結論を言えば、本当に今、差別を無くしたいから行動するのは男女平等のための「給料」なのでしょうか?
それ以前に考えるべきことがありますよね!
それは「おもいやり」です。

女性差別を無くすために女性限定物を作る、男性にこうしろと命令口調で話する等の不快に思わせるようなことや、自ら女性自身を苦しめてそれを次世代の子どもに差別を教える又は差別に持っていける考え方を持たせてしまう。
このような考え方を少しでも変えるには思いやりが必要だと思うので日頃から思いやりを心掛けることを発表すべきなのかと私は思います。銀行カードローン 審査基準

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です